文系母の科学教室

科学オンチの文系母が、家庭で子どもと科学を体験

レモン汁で書いた文字を火であぶると?

年賀状の季節ですね。ふと、子供の頃にやった「あぶりだし」を思い出しました。見えない文字が浮かび上がるのは、秘密のメッセージを伝えるのにぴったりで、ワクワクした覚えがあります。

 

目的

酸の働きを見てみる。 

 

材料

  • レモン
  • 綿棒

 

方法

  1. レモン汁を皿に絞る。
  2. 綿棒を1.に浸し、紙に文字や絵を書き、乾かす。

    f:id:bunhaha:20180107170504j:plain f:id:bunhaha:20180107170543j:plain

  3. 2.を火であぶる。

 

結果

レモン汁で書かれた文字や絵は、そのままでは透明のため見えないが、火で炙られると浮かび上がる。

f:id:bunhaha:20180107170536j:plain

注)右二枚が娘作、左二枚が母作。一番右は、あぶる時に一部燃やしてしまった。せっかく娘が「ありがとう、まま」と書いてくれたのに(涙)。ごめん!!

 

考察

レモン汁には酸が含まれている。紙の主成分であるセルロースは、酸に触れると脱水反応を起こし、水分を保持しにくい物質に変わる。その結果、酸が塗られた紙の部分は、書かれていない部分より水分の保持能力が低く、焦げやすくなる。

 

文献

スパイの手紙?不思議なインクで科学実験 | トヨタ産業技術記念館

実験したい!スグできる炎のお手軽実験 : 夏休み「コカねっと!」自由研究スペシャル : 子供の科学のWEBサイト「コカねっと!」-科学や理科、工作の役立つ情報いっぱい!

工学博士 寺尾先生の身近な『化学まめ知識』:2008年03月14日 - livedoor Blog(ブログ)

 

感想

案の定、文字や絵を書くとき、娘はウキウキしていましたー。